夢の海に潜れよ

奇想メモ

書斎の御神体

f:id:hatmehit:20191130001946j:plain


うちの屋号は奇想庵というのだけれど、

 

うちの書斎のことを、わたしは 自分のペンネームから「三毛庵」と呼ぶ。

 

(ちなみに、ライター時代の屋号は「三毛庵ワークス」と名付けていた。)

 

三毛庵は、わたしのインテュイションそのもので、

 

夢で見た「わたしの」 歴史が綴られた図書室と共振している

と感じられる場所でもあって、

 

それは、奇想庵の胎内。

わたしにとっては、宙に直結するインスピレーションの小宇宙なのだ。

 

 

現在、この三毛庵を、もっと進化させてタロットルームを備えた、

ほんとうの「奇想庵」にするために、

リフォームをやってくださる工務店さんとやりとりしているところ。

 

三毛庵から奇想庵になるのは、どこか出世魚に似て、なんだか楽しい❣️

 

 

さてさて、工事が全部終わってから、「こんな素敵な部屋ができましたよー!」って

お知らせしようと考えていたのだが、

先に、お知らせしたいなぁ〜と思う事情??が出てきたので、

今、書いています。

 

 

実は、この三毛庵には、わたしが「御神体」と呼んでいる偶像なるものが鎮座している。

 

日本の多くのおうちに、仏壇や神棚があるようなもの。

 

ただ、三毛庵の御神体は、もっとカジュアル。

 

でも、ほんまに、ほんまに、美しいの。

 

キャンドル作家の真帆さんが作ってくださった、七色のキャンドル。

 

今年のGW明けの 彼女の個展で、わたしは、この作品に出逢ってしまった。

 

 

以前、この日記にも書いた記憶がある。

夢に見た、宇宙空間で、金粉のような星屑を掛けられて、

浮かんだまま地上に降りて湖に潜り込んだ 柔らかい砂の感触のこと。

 

わたしは、この作品に触れて、あの夢を思い出してしまった。

うちに潜む空間。

 

いつでも、あの夢で見た、宇宙のような、海のような、虹のような、

明るくて暗い、暗くて明るい、

むき出しなのに、柔らかい、

やわらかいのにクリア  という、

優しい、あの不思議な感触の場所に戻れる標(しるべ)として、

 

この人を、三毛庵に迎えたいな…と、身震いして、私は真帆さんにお願いした。

 

 

真帆さんは、完成に至るまでの全てのタイミングを、

微細な「何か」をキャッチしながら、進めてくれる。

いや、進めてくれる時は、一気。

 

むしろ、待ってくれた、、と言った方が良いかもしれない。

 

頼んだにも関わらず、私は何か月も、心の中で、

 

今  じゃない。

待って、待って、真帆さん、待って、、、と

 

言い続けていた。(´-`)

 

指南書の原稿が先。

 

なぜか、私は、そう確信していて、真帆さんに心でストップをかけていた。

 

 

原稿が仕上がったのは、秋分の日だが、

 

特別、その日を狙っていたわけではない。

 

翌日、真帆さんから、まもなく、完成する と電話があった。

 

ちなみに真帆さんは「御神体」として発表されているわけではありません。はい。笑

 

 

 作品名は、スペイン語で『楽園』という意味の「paraíso(パライソ)」。

 

f:id:hatmehit:20191130002034j:plain

 

我が家にパライソさんがやってきて、三毛庵に宿ると、

 

 なんか、御神体みたい…

 

と感じるようになり、イデアとしての偶像と化し、ワタクシ、偶像崇拝。

うそうそ。笑

 

いや、崇拝っていうか、拠りどころ というか、

 

先ほど書いたように、「あの」つながった場所に戻る標(しるべ)となってくれている。

 

 

パライソさんをみると、もののみごとに、わたしは戻れる❣️

相性っていうのもあるのかもしれないけど、わたしの場合、百発百中なのよ。

 

もはや、イメージの中だけでも、パライソさんとすぐに一体化? できてしまう。

 

御神体があるって、ひとことで言えば、

 

自分を信頼していく、、というあり方に繋がる…いや、戻れるしるし。

 

 

さて、そんな真帆さんの個展が、また明日11/30からはじまる。(12/4まで)

 

今回の会場は、祇園の「ぎおん 石」さん。

ペドロさんという石のアーティストさんとの二人展。

 

新しい、彼女の作品群に うっとりしに、絶対見にいく!

楽しみでしょうがないのよん💕

 

 

ここまで書いて、なんやさっぱりわからんと思いつつも、

 

なんか惹かれるわ〜って人は、

 

ひょっとしたら、そこには、あなたの「標..しるし」が、待っているかもしれません。

 

Piedra Luna-太陽と月の聖夜に-

國領眞帆/ ペドロ・ミッシェル・アギラル 二人展

f:id:hatmehit:20191130140655j:plain

 

 

出雲国、神在月

f:id:hatmehit:20191130152418j:plain

撮影:奈みこ

早朝、松江のホテルに着き、温泉へ。朝靄にかすむ宍道湖を眺むる。

神話、遠き約束、蘇りし。

 

「いつか、なみさんと二人旅したいなぁ」とつぶやいたのは、去年だったかな。

ほんとうに叶ってしまった。^^

 

とてもお濃ゆい、神在月の出雲の旅のはじまり。

懐かしいような、神話の世界が、そこにはありました。

 

 

ご尊父の運転で、ご母堂ともご一緒に、地元の人しかお参りできないような、山里の神社めぐり。

わたしには、ご両親が「足名椎命・手名椎命(あしなづち・てなづち)」の夫婦神で、

なみさんがクシナダヒメで、

なんだか、八姉妹のどなたかになったような、

あるいは、スサノオになったような、神話の再現。

 

 

ヤマタノオロチ伝説は、京都タロットの拾伍番オロチに、その精神性を込めた。

毒と剣で、現実を制する。古傷を免疫に変えることでもある。

 

この旅で、神話を辿り、

なみさんのそれも、わたしのそれも、

ただの「物語」として、ただの「神話」として、

ぽっかりと宙に浮かび、元あるところへ、還っていった。

 

これが、成就。

 

はい、終わり。

 

なんと、軽やかなことか。

 

そして、

ああ、あの指南書は、まだ少し言葉足らずだったと気づき、

若干の加筆を必要とすることに気づく。

 

成就ということについて。

 

「オロチ」の 痛みと、その幻想性について。

 

実現化には、まだ、ほんの少し、時が必要か。

 

 

 

成層圏で神話が生まれる

ストンと心に落ちてきた。

 

言語化するのは難しい…。

しかし、それこそ、私が、本心でやりたいことだと思う。

 

 成層圏で神話が生まれる… 

 

このタロットは成層圏にあり、地上のもの。

成層圏に囚われることで、地上にも囚われる。

 

しかし、成層圏から抜けてしまえば、それは、もはや、この地上で、このタロットという形で存在することはできなくなる。

その隙間に、存在する。

 

成層圏まで、北極星のたろうさんは降りてくる。

ここより上がれば、彼は「宇宙の人」となるが、成層圏に留まれば「地上の人」になる。

 

成層圏は、宇宙と地上が混ざり合う領域で、はじめて陰陽を認識できるところ。

ここで、男女(差)も生まれる。=イザナギ、イザナミの夫婦神の発生。

 

地上という独特の明かり。

成層圏にとどまる灯りが、おくるみのように、地球を包む。

これがあるおかげで、地上は安全で、他の惑星とは違う働きをする。

他の太陽系惑星は、地上と天の空間との差が、地上ほどはわからない。

 

宙に近く、しかし、地上のもの。

成層圏を出ることは、地上の死。

成層圏を出ずに、宙を受け取れるきわきわの穏やかなラインで、

神話は浮かび、地上の引力とともに下りるのだ。

 

成層圏というもの、空気の層、匂い、、、

 

私たちは、それを「精神的に」捉えることができるのだ。

 捉えなくてもいいけれど。( ̄▽ ̄)

 

心機一転

しばらく書かなかったのは、あちこち散逸しているブログに違和感が募ってしまったからだった。

…販売サイトがあって、解説しているサイト、あれこれ書いているブログも3箇所もある;

 

なので、思い切って、B面にすべてを移そうと、ECサイトにするべくいじって、途中でドメインを変更しようとしたら、なんということか管理画面に入れなくなってしまったのであーる。

もう、焦った焦った……だが、これは、B面ブログの方をこのまま消してしまえってことやと、ふと思えて、FTP使って一気に削除してしまった。短気なワタクシ。

 

でも…………、

 

ああ、すっきり。\(^o^)/

 

去年、WordPressを導入して丁寧に作ったB面ブログやったけど、ここ数ヶ月は、不思議なくらい違和感があったもん。

京都タロットは、販売&解説サイトを一本化するだけでいい。

これからは、ここを中心に、つらつらとメモっていこう。

 

これでいい。これでいいのだー!

 

エンマさんの審判と、その意味

昨日の夜、なにかが弾けた。

 

考えるのがじゃまくさくなった。

もうどうでもええわと思った。

いや、もう、どうでもええわって心境になることを願った。笑

 

投げやりなそれではなく、あたたかなそれ。

 

京タロさんに聞いたら、エンマさんが出てきた。

まさに、だ。

普通は「逆」に解析する人の方が多いかもしれない。

「よく考える」というふうに。

 

エンマのカードは、冷静にジャッジする状態だが、それは「私」が私の思考内での判断することではない。

もっと、冷徹なもの。

つまり、ジャッジメントはエンマさんに任せる、である。

そして、ヒトは寝て、忘れる、である。( ̄▽ ̄)v

ほんもののジャッジが現れるから、それに委ねる ということだ。

 

そこに審判がある。

 

という、お知らせがエンマさんなのである。

京タロにおいては、それは、私が為すことではない。(「私」はむしろじゃま)

 

イメージとしては、自分の目線よりちょい上あたりに、2メートルくらい先に、エンマさんが浮かんでいる。

そこに「出現」するだけ。

出現だけで、知らせる。出現だけで、祓われる。

すごいよ、エンマさん。篁さん。

ひとことで言えば、「こだわるな」だろう。

 

指南書の初稿、完了!

指南書、完了。2ヶ月、集中して書き上げた。異様な緊張状態が続いていたので、これが限界。

只今、ものすごい開放感。うれしい。うれしすぎる。☺️

開放感が高じて?放置していた帳簿を、本日までの分を付けてしまった。これで来年の確定申告は楽であーる。笑

 

ああ、幸せ。まだ、何もはじまっていないというのに。

自画自賛だが、きちんとした専門書になった。

これを理解してもらったら、講座に来なくていいっていうくらいお濃いのが書けた。

好きな人は垂涎モノ。好きな人には、乞うご期待!

 

 

親知らずを抜歯。

魚の小骨を抜く程度のものだと説得されて予約したのだが、当日の朝になって、憂鬱になってきて、いややいやや、と夫にぼやき続ける。

しかし、杞憂であった。するんっと抜いてもらった。ほとんど出血もない。麻酔もすぐに切れて、ラクラク〜。ほんま、先生、テクニシャン。

 

 

リゾートか執筆か

恒例の?長期休暇中の京都お泊まり旅行。

美味しいものを食べて、街中のホテルにわざわざ泊まる。何も計画していないし、めっちゃ暑いので、あまりアクティブな気分になれない…という言い訳をして、近場で遊ぶ。

…なーんて言っても、macbookをバッグ下に忍び込ませてしまう。今は、時間ができたらできたで、間違いなく執筆の方に気持ちが向く。

よく飲んだので、ホテルではバタンキューだったが、早朝5時に目が覚めて、執筆。ボンが起き出す8時過ぎまで、ひたすら書く。

な〜んも考えずにリゾートしたいが、今は絶対にできないと思う。「書きたい、書き進めたい」が、「リゾートしたい」より、数段上だからどうしようもない。…あほか、ワシは変態か。

これは、「今」、私の身に(脳内に)起こっている焦燥感に近いような感覚で、これを「出してしまわなければ」、どこにいても、何をしていても、楽園気分になれない。

というか、今は、書いていること自体が、ある種の楽園なのだと思う。いや、違うな…書いていない方が地獄。「書かせてください、神様、たろうさん」と、ほとんど虚仮の一念で(笑)、祈るように、ただただキーボードを叩く。

 

 

昨日、ほとんど眠っていないので、眠いはずなのだけれど、暑いのと妙に冴えていて眠れないので、起きた。午前2時前。今から、引き続き執筆。

書きたくて書きたくて焦る。この、とらえどころのない これ を、なんとか、とらえて書き尽くしたい。

なみさんとホテルで逢瀬。笑

昼から夜遅くまで、京タロ談義。はじめて、二人並んで、同時に、同テーマで、クイーンサイズベッドの上でスプレッドを展開した。過去生というテーマでは、非常に読みにくいスプレッドだった。いつか、なるほどという日がくるのかな、と言い合う。

呑んべえのなみさんと語りっぱなし。深夜にはアルコールの空ビンがてんこ盛りになっていた。

缶詰で、朝までひたすら執筆。昨日の、けったいな夢が、今の執筆テーマに絶妙に沿っていることを発見して、筆がぐんぐん進んだ。

手を止めて、テレビを付けると昭和のムード歌謡特集。深夜のBSは渋い。小中学校時代の懐かしい流行り歌ばかりで、ほぼ歌える。

 

f:id:hatmehit:20190811134815j:plain
f:id:hatmehit:20190811134840j:plain
f:id:hatmehit:20190811134949j:plain

 

土用の丑の日で、家族で百貨店の鰻屋さんに食べにいく。混んでいたので40分くらい並んだ。一番好きな鰻屋さん。我が家の恒例行事。

     †

下鴨さんへ足付け神事。ジーンズの裾をうっかり濡らす。

御手洗川に、相棒の翡翠と水晶、珊瑚のブレスレットを浸してお清め。御祭神の瀬織津様に残り半年の健やかなるを祈る。こちらも、我が家の恒例行事。

     †

二夜連続でアニメ『キングダム』を、dアニメで観る。近頃の家族的ブームのキングダム。私もすっかり虜。主人公の信のアホみたいな熱さが好きだ。笑

     †

一応、家族との時間も取っているが、それ以外は、ひたすら原稿を書いている。1日2000文字くらいのペースに落ち着いてきた。家のことをこなしながらの執筆。それなりにハイペース。偉いな、ワタクシ。( ̄▽ ̄)v

めっちゃおもろいのが書き上がっているって、自画自賛がやまないのだが(笑) 実際は、この世界観が合う人には垂涎して喜ばれ、そうじゃない人には、ただ「?」な、わからなさなのかも?自分では、なんともわからぬ。

まあ、今から、周囲の反応を考えるなんざ、愚か者だ。

…というか、ただ降りてきたものを慌てて捉えているだけの今の私に、そんな余裕なぞあるものか。落とすな。一語とて。

 

夏休みに入ったので、いつもと違う場所で子供のロボット教室があり送っていく。
待っている間、近くの喫茶店に入る。昔ながらの「喫茶店」らしい喫茶店だ。
ご近所のベテランの大奥さま方の社交場。オシャレや病気の話に花が咲いている。

 

座ると、机が傾いているのが、感じられるが、絶妙に全てが平行に並んでいるので、変な感じ。よくよく見ると、傾いているのは机ではなくて床だった。
ホットコーヒーはかなりおいしかった。机の上に置かれた砂糖は、湿気て固まっていたけど、ご愛嬌。笑
帰ろうと思っていた矢先、マスターが、懐かしい感じのデミタスカップに入れた梅昆布茶をくれた。

f:id:hatmehit:20190729014735j:plain

 

後祭(あとまつり)に繰り出すが、前祭の時と違って、すごく蒸し暑かったので、3鉾くらいしか回れなかった。

鈴鹿権現さん(=瀬織津様)の御神体は、いつもより身を乗り出されていた感じ。

あとは、役行者山と、鷹山を回る。

よく言われることだけれど、後祭の方が、しっとりした風情があって、落ち着いている。やはり後祭がいい。。

  

あさイチで久しぶりに久米宏さんを見る。

変わらず若々しいが、変わらずのクレバーな毒舌ぶりで、頑固ジジイ感が一層出てきていたが、貫かれた反骨精神は、むしろまっとうな気がしてくる。番組の終わりには、印象が逆転して「好ましい人」と思えるようになっていた。

 

綾傘鉾の棒振り

f:id:hatmehit:20190729014904j:plain

京タロの『ミカヅチ』にそっくり。

かつて、赤熊(しゃぐま)をかぶった男がミカヅチのモデルになっているのを見て驚いたことを思い出す。私は、棒振りのことは朋百香さんに指示をしていないし、朋百香さんの方も棒振りのことは全くご存知ではなかった。

ミカヅチでは、赤熊をかぶっているのは、菅公さんということになる。一枚の絵の中に、ミカヅチ的な意味が多層に重なってくる。掛詞のように。

カードの意味は、まるで夢の中のように、一見支離滅裂でありながら、妙なる連なりを隠し持っている。

 

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.