夢の海に潜れよ

奇想メモ

お正月の代わりに

1/20(日)

 1月も後半。やることてんこもりの中、ひたすら作業作業作業。こなし率、おおよそ七〇%ほどかな。大物の確定申告準備がまるでできていないのがマイナス。

 

1/22(火)

 大きなまんまるお月さん。空気が澄んでいて、くっきり。今日はスーパームーンらしい。

 修了証書があがってきた。銀の箔押しも指示通り。

 

1/26(土)

 実母を京都に呼んでおもてなし。

 おもてなしといっても、カジュアルな焼き鳥屋さん。安くて美味しいので、予約は2、3ヶ月待ちの人気店で、食べに行った帰りに次の予約を入れて帰るというパターンで4巡目。前回の予約時に、夫から「おかあさんも呼んであげよか」と言ってくれたので実現したものだ。

 自宅での宿泊はお互いにしんどいので(笑)、ホテルを取った。お部屋に立ち寄る。イマドキは、持ち出し用のスマホが用意されてるんやね。海外からの宿泊客ニーズなのだろう。

 

1/27(日)

 朝ごはんは、娘のバイト先を予約していたので、母を迎えに再びホテル〜ご飯処へ。

 チェックアウト後は、街ブラ。甘めの煎茶が欲しいとのことで、まずは一保堂さん。そのあと寺町沿いに四条まで歩く。

 もうすぐ私の誕生日だからプレゼントを買ってあげると言ってくれたので、物色しながら。候補は、カラーの南部鉄瓶、ル・クルーゼの鍋、分厚い博物誌…。

 

 …そんなつもりなかったので、ひとしきり悩んで、結局は、水晶のお数珠を買ってもらった。房(ふさ)の代わりに、小さな水晶が丸い形に綴じられているというもので、数珠っぽくなくて、かわいい。

 

母は腰痛がひどいので、その点辛そうだったが、まあまあ喜んでくれたみたいだった。盆・正月は帰省しなくなったので、今後は、年に2度くらいは、この程度のイベントは計画しようと思う。

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.