夢の海に潜れよ

奇想メモ

平成最後の夢見

昨夜は、カウンター席のお寿司やさんに家族で行く。これが、このGWの家族メインイベントと言っていい(笑)。近場の一泊程度に払ったけれど、夢のように美味しかったし、後悔はない。

 

平成最後の夢見。4/30の朝方。

 知り合いが4、5人ほと一つの部屋にいる。その中の一人の女性が、急に覚醒した様子で、目に見えぬ死者と対話をし始めた。そのうちに、私にも死者の声がやたらはっきりと聞こえ始めるので不思議に思い、その女性は死者専用のトランシーバーのようなものを持っていた。

 私の祖母の声が聞こえてきた。祖母は、自分は「67代目」だと言っている。 

祖母の懐かしい声がリアルすぎて、目覚めてからも、何か大事なお知らせのような感じがしばらく続く。

67と聞いてピンと来るのは、夫が1967年生まれ。

あとは、6+7=13で十三といえば、京都タロットでは今朝のスプレッドでみたばかりのイド。また、改元の直前なので、67代天皇を念のために調べてみる。三条天皇。道長と敵対関係とのこと。

また67番目の元号は、1077~1081の「承暦」。平安中期。

ふむふむ。 今のところ、何も浮かばない。

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.