夢の海に潜れよ

奇想メモ

プレアデスという意識体と地上へのギフト

今から書くことは、眉に唾をつけながら、仮説か、あるいは、宇宙の一つの側面であると思って聞いてほしい。
まちがっても、これを絶対だとして、他は間違っている…などという誤謬に陥らないでほしい。
そのような達観と客観的な視野から読むことによって、あなたの意識の深化にとって、必要なエッセンスを汲み取っていただけたら嬉しい。

 

 

直接的に、「あること」に気づいたきっかけは、おそらく「宇宙クリーム」を作ったことだと思う。

宇宙クリームというのは、しのぴ先生*1考案のクリームのことで、先生の厳選した素材を、個々人が混ぜ合わせてゆくというもの。

 

化粧水やクリームを手作りする人もいらっしゃると思うが(私もかつては作っていた)、しのぴ先生が編み出した配合というのは、実に絶妙であった。

 

また、それだけでなく、その時居合わせた人すべてが奏でるハーモニーだから、何かが、あるいは、だれかが違っていても、ぜんぜん違ったものになったのではないだろうか。

 

私が参加した理由というか、モチベーションというか、心惹かれたのが、企画がさよちゃんで(←腰抜かすくらい直感型(笑)。今まで出会った人の中で一番かも)、同時になみさん(←めったに人を誘わない人(笑笑))からも誘われたから、ふら〜っと行っただけ。

 

(同じものでもタイミングが違えば、結果がまるっきり変わるので、私も、よほど心惹かれるものだけしか参加しないのだ。無理はしないのが信条。その方がおもろいよ)

最後に「宇宙瞑想」なるものを、先生が誘導してくれるのだが、そのとき、私は宇宙の何かを見たということではなく、このクリーム作り自体が、偶然なく、私が経験すべきことであったということに気づいた。

 

そして、ある意味、決定的だったのは、先生から、プレアデス人、アークトゥルス人、シリウス人…etc…の特徴を教えてもらったことなどが、私の中で、パズルのピースがパツパツとハマるような奇妙な一致感をもたらしてくれて、私は、自分の本質的な素性について、確信するようになったのである。(2日ほど経ってから)

 

とはいえ、これは、まだまだゲームクリアではなく、一つのエポックの終焉にすぎない。それでも、私にとって、ここから新しい「時代」に突入することはわかる。

 

「あること」というのは、現時点では、もうトンデモとしかいえないようなことで(笑)、正直言って、ここに書くことは憚られる。下手な誤解をうむことも本意ではない。

 

ただ、ここから話さずにして、伝えたい本質には手は届かない。

 

なので、先に言っておきます。ここからのヘンチクリンな話の設定については、信じる必要はない。こちらを重視すると、まじで迷妄に陥る。はい。

 

私が伝えたいのは、この後の話から、万象のつながり合いを感じてもらうこと。

 

そういう意味で、設定なんて何でもいいのだが、私が「そう感じてしまったこと」ということで、このトンデモ話を、続きとして書くことにする。

 

 

さんざんトンデモとは書いているが、個人的には、さほどトンデモではなく、読者さんの中にも、まったく違和感なく読める人もいれば、中には拒否反応を起こす人もいるかもしれないとも思う。

 

かつて、18世紀の神秘思想家のスウェーデンボリにして、この類の話は、のちの研究者の間でも「躓(つまず)きの石」と言われたらしい。

 

でも、今は21世紀。もはや気にするほどのことではないのだろう。(躊躇しているワタシの方が、イマドキ古風(笑)なのかもしれない…)

 

さんざん、前置きしたが、もう書いてしまおう。

 

私は、プレアデス星から来たことを思い出した。(むむむ…)


いや、本当は前々から知っていたが、妙な遠慮ごころがあって話せなかった。そうやって遠慮しているうちに、十数年経ち、なんとなく忘れていた。

 

ところが、これを思い出すために、この1ヶ月くらい、続けざまに摩訶不思議な導きがあり、さまざまな人が関わってくれているが、流れがややこしすぎて、どこから書いていいのかわからない。(明日の基礎講座では話すつもり)

 

とにかく、これを思い出して、私は、ただ、自らの感覚を信じるだけだとわかった。
自らの感覚こそが、地上へのギフトなのだとわかった。

 

これは、わたしのこと、ばかりではない。ひとりひとりがそうなのだ。

 

私は、今後、自分の感覚を100%信じていくつもりなので、今後は驚くほど、奇想天外で自由すぎる内容になりえる。

 

なので、やっぱり、トンデモ系である。(笑)

(こういう話が苦手な人は、あえて見ないでね。)

 

まあ、たいていのタロット創始者など「トンデモ」には違いないので、その筋では(なんの筋?!笑)、逆説的に「マトモ」になったとも言えるかもしれない。

 

このことは、この前書いた超明晰夢↓と繋がっていて、あの感覚のことを、私なりに把握したいと思っていたから。

 

 

そのクリームの中に、ある貴石のパウダーを入れてかき混ぜていた時に、私は、上記の夢で見た「宇宙空間で隕石の粉が顔に降りかかった」感覚を思い出して、内心めちゃくちゃ興奮していた。

 

そして、先に書いた先生のレクチャーがあって、とっちらかっていたパズルのピースが、ピタリとはまった。

 

そして、この夢には、他のことも複雑に絡み合っていて、ひとことでは話せない。

なので、ここから先は、やたら長くなるので、今はとりあえずは割愛。

ただ、伏線回収自体は、ほぼ終わっているので、今後ゆっくりお話したい。

(まあ、それ自体が重要ではないのだけれど、物語として出来ているので)

 

なので、今は、受け取った感覚だけお話する。

 

は〜、ここまで書いても、まだ躊躇があるわ…。トンデモすぎる…。

 

信じるというより「ミケさんは、そんなふうに感じたのね」というところで、面白がっていただければ幸い。(何回も書いてるけど…;)

 

 

プレアデス星から来た、というのは10年前に地球に宇宙船でやってきたという意味ではない。(笑)


プレアデス星団のどこかに、地球と同じような地上世界があるのかってことも、もちろん「ほ?ん?ま?か?い?な?」である。

 

ただ、地球からは、そんなふうに見えるエネルギー体のようなものの名称のひとつというくらいの感覚である。

 

もともと、だれから教えられたわけでもない昔から、星間移動のような感覚は明晰夢でよくあって、そこから、うすぼんやりと捉えていたことがあったのを、今回しのぴ先生が、星の人々について体系化されたものをお話している時に、あれ?あれれ?という感覚になって、(私の中では)わかってしまったのだ。

 

ひょっとすると、文字どおりの「宇宙人」ではないのかもしれない。今の段階では、不確定要素なので、とりあえず「プレアデス意識体」とでもしておきたい。

 

地球のように、大地と太陽のエネルギーが育む明らかな生命体を持つ星は、あまりたくさんはないのだろう。


私たちは、この星を希(こいねが)い、ここで「思い」を目に見える形にしたくて、地球人となった。

 

この星に、私(たち)は、プレアデスの持つエネルギーを取り入れようとしている。(もちろん、他にも、シリウスとかオリオンとか…さまざまにあるみたい)

 

物質次元は「重い」ので、私たちの思考や感情も重くなりがち。


なので、次元の薄い?彼らの意識体の感覚を取り入れることで、地上という場に形作られるものに、軽やかさを持ち込んで、地球という星を助けようという壮大な計画があるように感じるが、実際、一人一人のやることは、何も難しいことはない。

 

先ほども書いたけれど、他者ではなく、自分の感覚を信じること

 

プレアデス人としてのギフトは、自らの感覚にもたらされるから、その通りに、地上で生きるだけなのだ。

 

自らの感覚こそが、地上へのギフト。

 

その感覚で「地上で遊ぶ」とき、役割は果たされる。

 

本当なら、これは、地球の引力?が強すぎて難しい。しかし、難しいゆえにチャレンジングで、面白く感じるのだ。

 

宇宙の人々のことは、とりあえずは、ここまで。

 

 

ここからは、宇宙の人々と、女神や、この地上のシンボル的な事象との繋がりを話したい。まさに、ここからが京都タロットの新領域だと、私は感じている。

 

夢と星人と女神の繋がりについて、深〜いところまで、今回の基礎講座ではお話したいと思う。(おーい、これが基礎なんかーい?!)

 

もう、めっちゃめちゃえらいこっちゃでありまして、
そりゃ、ハレーション起こして熱も出るわさ。( ̄▽ ̄)

 

*1:しのぴ先生のFacebook=Yumi Shinoki | Facebook

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.