夢の海に潜れよ

奇想メモ

新しいパートナーシップ、男女性差

部屋の書類整頓は、ほぼ終わった。

とてもやりやすくなったはず……だが、その途中で、古い書類のほこりを吸って、咳が止まらなくなった。

 

でも、この咳は単なる「咳」ではない。

古い秩序を脱却するにあたっての作用。

えらい前向きな言い方をしたけれど、ほんとうは、めっちゃキツい。

 

怒り狂って、さらに哀しんでいる「女」が、取り憑いているのが、自分でもわかる。

夫の顔色をうかがっている自分に気がつく、そして腹を立てている。

 

それは、過去生の私でもあり、同じような理不尽を味わっている女たちの気持ちと共振している。

 

私は、かつての、古い時代の、巫女であったことに気づき、

おそらくは、その女性優位時代に、なにかしらの理不尽を、男性に強いたことがあるような気がする。

 

そして、現在、本来ならスムーズであるはずの巫女のあり方に、私は歯止めをかけるように自ら仕組んでいるのだとわかる。キツイが、俯瞰で見れば、地上ゲームといえるのだろう。

 

よくよく冷静に考えると、「この程度の」価値観の違いなど、気にしない人なら気にしないだろうし、気にする必要はない。

 

私は、心の奥で、本当のところ、何を望んでいるのか、ここで洗い出してみたい。

 

私は、彼(パートナー)に、新しい(実際は復古)男女の在り方の価値を理解して欲しいと思っている。

そして、私の巫女としての本当の価値を認めて欲しいと思っている。

 

…と、書きながら、少しまとまってきた。気がついてきた。

 

私の深奥では、別の筋書きを用意しているようだ。

表層意識では、理解できない男性と、本質は巫女であるところの女という、ありふれた夫婦が、変容していくというシナリオ。

 

あたりまえだが、最初から理解を求めるのではなく、自分が、自ら、その生き方、在り方をこの人生で実践して見せて、やっと男は、本質的な性差とその活かし方に気がつくのだと思う。

 

だから、私は、もう甘ったれてはいられない。

この甘えの体質こそ、旧態の女像であって、そうしなければ愛されないと教育されてきた(してきた)古めかしい女の姿を表しているのだと思える。

 

貴郎(あなた)よ、そうしなければ愛せないのなら、わたしを愛さなくてもいい。

 

それでいい。

それでいいのではないか。

私よ、それくらいの強さを、毅然として持て。

 

愛さなくてもいい。愛されなくてもいい。

 

恐ろしい言葉だ。笑

 

でも、今の、この脱却期にある私には、ひたすらに、必要な言葉なのではないだろうか。

 

愛されなくてはいけないということこそ、呪いではないだろうか?

そうしなければ生きてはいられないと、連綿と語り継がれてしまった呪文なのではないだろうか。

 

じゃあ、私は、彼を愛していることは?

愛してしまった…それでいいではないか。ちがうかな。笑

 

私は、彼を、愛してしまった。この人生で、彼に、心を奪われてしまった、それでいいではないか。

 

私は、彼を、愛してしまった。以上、マル。

 

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.