夢の海に潜れよ

奇想メモ

星に願いを。

夕方、M女史より、翡翠の写真が届く。

蓮モチーフの表もさることながら、心が惹かれたのは、裏のぽってりした丸み。

めったにない一目惚れ。

柔和なエネルギーだけど、触れると翡翠のマッタリした感じが伝わるとM先生。

欲しいけど……うーむむと悩む。

 

写真を見ただけで、腹痛がすっと引いた。

偶然かもしれないけれど、「ミケさんと波長の合いそうな」とおっしゃっていたのがわかる気がした。なんでも相性があるし、バチッと合えば、それは、ご縁。

腹痛が治る相性って…。笑

 

    †

 

めったにない、七夕の晴れ。雲ひとつない夜空。

 

マイノートという自由宿題で、七夕をテーマに選んだボン。

近所のお寺の境内まで、織姫と彦星を見にいった。

 

ベガとアルタイルとデネブ。

南東よりの天高く、夏の大三角形を描く星々。

 

ベガとアルタイル…二つの星に、短冊を振って祈る。

 

天の川は、都会では明るすぎて見えない。

 

でも、今年は晴れる…と、なぜか、ずっと感じていた。

今年は、晴れると。

 

西には、月が明るい。

 

……月読さん。

この前、ひらりと神棚から落ちてきたばかり。

 

    †

 

七夕テーマのノートを書き進めるボンは「夜」という文字を間違えるので、お手本を見せようとメモの缶を開けた。

 

そこには、紛失したと思っていたキフィが、メモの缶の中で、貝の小皿の上に乗っていた。

 

今夜こそ、焚く時だ。

もし、紛失していなかったら、きっと、すでに使ってしまっていたはずで、今夜、焚くことは、できなかっただろう。

 

クレオパトラが愛したというキフィを、そして、

のちの信長が取り寄せたというキフィを、今夜、焚く。

お手製の、妖しいキフィ。

 

今は生産されていないという、和紙の端紙を切り揃えて、メモとして缶の中に入れている。

水の中のような淡色の和紙に「夜」と書いて、ボンに手本を見せた。

 

七夕、月夜、織姫、彦星、キフィという手作りのお香。

 

「翡翠さんを、うちにお招きしてもいいですか?」

 

たろうさんに尋ねる。

 

『六、ムスビ』が出た。

睦み合う男女の美しい絵は、今日に限っては、ようやく出会えた織姫と彦星を彷彿とさせた。

 

M女史とM先生に、翡翠さんを迎え入れたいと告げる。

 

 

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.