夢の海に潜れよ

奇想メモ

成層圏で神話が生まれる

ストンと心に落ちてきた。

 

言語化するのは難しい…。

しかし、それこそ、私が、本心でやりたいことだと思う。

 

 成層圏で神話が生まれる… 

 

このタロットは成層圏にあり、地上のもの。

成層圏に囚われることで、地上にも囚われる。

 

しかし、成層圏から抜けてしまえば、それは、もはや、この地上で、このタロットという形で存在することはできなくなる。

その隙間に、存在する。

 

成層圏まで、北極星のたろうさんは降りてくる。

ここより上がれば、彼は「宇宙の人」となるが、成層圏に留まれば「地上の人」になる。

 

成層圏は、宇宙と地上が混ざり合う領域で、はじめて陰陽を認識できるところ。

ここで、男女(差)も生まれる。=イザナギ、イザナミの夫婦神の発生。

 

地上という独特の明かり。

成層圏にとどまる灯りが、おくるみのように、地球を包む。

これがあるおかげで、地上は安全で、他の惑星とは違う働きをする。

他の太陽系惑星は、地上と天の空間との差が、地上ほどはわからない。

 

宙に近く、しかし、地上のもの。

成層圏を出ることは、地上の死。

成層圏を出ずに、宙を受け取れるきわきわの穏やかなラインで、

神話は浮かび、地上の引力とともに下りるのだ。

 

成層圏というもの、空気の層、匂い、、、

 

私たちは、それを「精神的に」捉えることができるのだ。

 捉えなくてもいいけれど。( ̄▽ ̄)

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.