夢の海に潜れよ

奇想メモ

出雲国、神在月

f:id:hatmehit:20191130152418j:plain

撮影:奈みこ

早朝、松江のホテルに着き、温泉へ。朝靄にかすむ宍道湖を眺むる。

神話、遠き約束、蘇りし。

 

「いつか、なみさんと二人旅したいなぁ」とつぶやいたのは、去年だったかな。

ほんとうに叶ってしまった。^^

 

とてもお濃ゆい、神在月の出雲の旅のはじまり。

懐かしいような、神話の世界が、そこにはありました。

 

 

ご尊父の運転で、ご母堂ともご一緒に、地元の人しかお参りできないような、山里の神社めぐり。

わたしには、ご両親が「足名椎命・手名椎命(あしなづち・てなづち)」の夫婦神で、

なみさんがクシナダヒメで、

なんだか、八姉妹のどなたかになったような、

あるいは、スサノオになったような、神話の再現。

 

 

ヤマタノオロチ伝説は、京都タロットの拾伍番オロチに、その精神性を込めた。

毒と剣で、現実を制する。古傷を免疫に変えることでもある。

 

この旅で、神話を辿り、

なみさんのそれも、わたしのそれも、

ただの「物語」として、ただの「神話」として、

ぽっかりと宙に浮かび、元あるところへ、還っていった。

 

これが、成就。

 

はい、終わり。

 

なんと、軽やかなことか。

 

そして、

ああ、あの指南書は、まだ少し言葉足らずだったと気づき、

若干の加筆を必要とすることに気づく。

 

成就ということについて。

 

「オロチ」の 痛みと、その幻想性について。

 

実現化には、まだ、ほんの少し、時が必要か。

 

 

 

©2019奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.