3colomn ダイアリー

3/8リニューアルしました。週刊 月曜更新。横スクロールごめんなさい。

月曜更新。横スクロール、ごめんなさい。

3月2週目の『まいふぇば』

 


◆某日
11:00

珠代ちゃんのパンティテックスに続く、「沼地あり〜♪」が頭から離れない。もう数時間、脳内で惰性で鳴っている。切り替えるために、小学生の時に歌った『ゆかいにあるけば』の、バルデリ〜バルデラ〜♪を響かせる。

エンドレス脳内メロディーで困った時のバルデリバルデラ。パワフルに塗り替えてくれる。


ゆかいに歩けば(歌詞あり)

 

◆某日
10:00

半年くらい前からお腹にデキモノができた。見た目だけのことで、他に不快症状があるわけではないので放置しているが、ちょうど豆大福のよう。できれば病院に行きたくないし、いつもの玉転がしをしているけれど、今ひとつ治癒が進まない。

皮膚科受診の前に、自力で何か試せるか考えたところ、だれかの美しいお腹を使ってイメージ法を試みるために、ルノワールの裸婦像を眺める。大水浴図

f:id:hatmehit:20210310102759p:plain

3段腹も美しい。中世に生まれてたら、あたしゃモテモテやね。

 

 

◆某日
19:00

夫が久々の外食につき、私は久々のチンして即食べの手抜きピザ。白ワイン。

f:id:hatmehit:20210312184955j:plain

 

◆某日
19:00

f:id:hatmehit:20210312185314j:plain

今月のネイル。やさしい桜色にゴールドのライン。薬指のパールがアクセント。なんとなくウエディングぽい。

 

◆某日
19:00

f:id:hatmehit:20210315113026j:plain

(写真)日経新聞電子版より

本法寺で特別公開中の長谷川等伯の「仏涅槃図」。二年前の特別公開も見に行った。その時はレプリカだったが、今回は真筆。縦十メートルの大迫力。圧巻の大作だ。

いくら涅槃図とはいえ、この絵は、あまりに大げさに悲しみ過ぎているんじゃないかと感じたんだけど、それもそのはず、等伯さんがこれを描かれたのは、早世した愛息のためだったから。息子であり愛弟子の久蔵さんは、一番絵も巧く、後継として将来を嘱望されていた方だったらしい。

ご説明してくれた方は「早死にされなければ、狩野派に対抗できる長谷川派ができていたかもしれませんなぁ。まあ、わからないことではありますが」と。この盛大な嘆きの図も、仏様と久蔵さんを重ね合わせていたかもしれないと思えば、思わず胸が熱くなる。

 

 ◆某日
17:00

f:id:hatmehit:20210315110327j:plain

おこげの葛あんかけ

f:id:hatmehit:20210315110330j:plain

おはぎ(そばにこしあん)

ホワイトデー。 中村軒。桂の本店が現在改装中で、北野白梅町に出張店舗が出ているとのことで、夫と二人で久々のデート。名物の白味噌のお雑煮がいただきたかったけど、昼過ぎには完売していた。

おこげの葛あんかけのあと、おはぎをいただく。そばの香りの香ばしさも麗しく美味しいおはぎ。注文をしてから、目の前でお餅を丸めてくださる。京都らしいていねいなおもてなし感のある超満足のお饅頭。

あと、2週間ほど白梅町で出店される。それまでにもう一回行く。絶対いく!

 


©2021奇想庵 mi-ke_KISOUAN.All Rights Reserved.